「私、失敗ばかりなので へこたれない仕事術」内山聖子

テレビ朝日のテレビプロデューサーのエッセイ。

大ヒットドラマをたくさん生み出した彼女が新人の頃から

どうやってきたか、今はどういう点を気をつけているかなどの

仕事術を書いている。

 

彼女は私と同じくらいの年だが、新人時代は職人肌の

怖いオヤジに囲まれて相手にされず苦労したようだが

彼らだけの飲みに参加したり、ぐいぐいコミュニケーションを

取っていきだんだんうまく回っていくのだが

ガッツがすごいと感心。

 

彼女が仕事で揉めても相手の人格攻撃はせず

相手を追い詰めないで逃げ道を残すといのは

喧嘩慣れしてると感じる。