読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ヴィルヘルム・ナンマースホイ 静かなる詩情」

国立西洋美術館

とてもよかった。作品全部に惹かれる。
静かなる詩情というサブタイトルがついているが
「みずみずしい静謐」というのも私の感想だ。

デンマークの画家らしく、描かれている食器は
みなロイヤルコペンハーゲンでそれがまた絵にふさわしい。

彼の絵は基本グレー、ベージュ、茶で構成されていて
とても居心地のいい。それでいて光が圧倒的な
存在感で描かれている。


途中のコーナーでは同時代のほかの作家の展示があるのだが
そこではいきなり色があふれまぶしく感じるほど
ハンマースホイの世界はとても静かだ。


是非また見てみたいな。