読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ミッドナイト・イン・パリ」 

 

ハリウッドの 売れっ子脚本家の男性はパリに住むことにあこがれている

ロマンチック男性。一方の婚約者の女性はマリブに住むハリウッド生活を

望んでいる。彼女の父親の仕事に便乗して一緒にみんなでパリに旅行中

男性はひよんなことからタイムスリップをしてしまう。

そこにはフィッツジェラルドピカソやらがいて・・・

 

ウッディ・アレンらしい言葉劇。主人公は自意識過剰でおまぬけで。

ファンタジーなのもアレンらしくて面白い。

 

それにしても父親が具合が悪くなってホテルに戻るや、ハウスドクターを

呼んでとホテルに電話をしていたがいいホテルにはドクターがいるものなのか?

友人のカップルの男性が物知りの薀蓄くんで、それに女性陣は「素敵!物知り!」と

絶賛だったが、この知ったか男性はロダン美術館でカミーユのことを

説明するガイドに内容の訂正をしていて、さすがアメリカ人。

一般人にならともかくガイドの説明に反対意見を言うか!?と主人公の男性が

さりげなく反撃していたので安心したが。

以前ブラジルに行った時、入国審査でvisaのなかったアメリカ人が入管のおやじに

“I don't need visa"と言っていたのを思い出した。