読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ロマンシエ」 原田マハ

 

ロマンシエ

ロマンシエ

 

 美術ものの原田作品と思い読み始めて、今までの私が読んできた彼女の作品と

あまりにも違う文体に驚き、何度か著者名を再確認した。

 

金持ちの美大生が卒業制作と仕事に追われ寝坊をしたところから

物語が始まるのだがミスリードにあっさりと引っかかった私。

面白い!

主人公は美大で賞をもらいパリ留学を晴れてするのだが、

そこでも思うように進まない人生。

バイトしていたカフェによく来る不思議な日本人(いつもタイプをものすごい速さで

叩いているので高橋名人と勝手に命名)とパリでの思いがけない仕事への縁。

 

主人公でストリーテラーの美智之輔の心は乙女。

フランスではミッシェルと呼んでもらっているのもいい。

ドタバタ慌てたり、妙に冷静で毒舌だったり、優しかったり。

 

いちいちギャグテイストでおかしくて、原田マハっぽくないと

思ってずっと読んでいたが、原田宗徳の妹と考えると

何の不思議もないと思い立つ。

 

高橋名人あらためハルさんが、ファストファッションで身を固めていると

思っていたら、そう見えるが本当はハイブランドの服ばかりを

来ていたと知って衝撃を受ける美智之輔というシーンがあったが

昔勤めていた会社の先輩でまさに高そうに見えないのに

高い服ばかりを着ているとからかわれていた先輩を思い出した。

先輩お元気かな~

 

ちょっとホロニガな場面もありつつ最後は進むべき美術の道が

輝かしく見えてうれしい終わり方だった。