読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」

映画

保険の弁護士トム・ハンクスがふとしたきっかけでソ連のスパイを弁護することに

なりその後ソ連にとらえられたアメリカの軍人のスパイを解放する

交渉を担当することになる物語。

 

トム・ハンクスの出る映画ってはずれない印象だが、これは

マネージメントチームが優れているのだろうか?トムがすごいの?

そしてあまり事前インフォなく見たのだが、スピルバーグ監督に

脚本はコーエン兄弟だったから、手堅かったのだろう。

 

見ていて見応えのある映画だったが、感想は

「強引な人が勝つ」ということ。

そして冷戦時代のアメリカではソ連のことはSoviet Unionとはいうものの

ソ連人とは言わずRussianと言っていたのがなんだか印象的。