読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「胡蝶殺し」 近藤史恵

 

胡蝶殺し

胡蝶殺し

 

 歌舞伎役者の萩太郎は、若くして急逝した先輩役者の息子秋司の後見人となる。

秋司は幼いながらも踊りも芝居も達者で、初舞台もまだの同い年の

萩太郎の息子俊介とは大違いだった。二人一緒に舞台に出ることになったのだが、

秋司はおたふくになり舞台に出られなくなった。

 

殺人事件など事件らしい事件が起きるわけではないのだが、まさに

「歌舞伎ミステリー」といえるミステリーが読後感だ。

 

歌舞伎界のちょっとドロドロしたところや、後ろ盾がいないと御曹司でも

苦労するというのは平安時代の貴族か?

勘九郎たちもそれなりに大人だが、やはり苦労しているのだろう。

彼らには仁左衛門さんもついているわけだが。

 

将来を嘱望される才能ある御曹司が姿を消して、しばらくぶりに意外な形で

現れる。芸の世界は甘くないとはいえ、彼の明るい将来に思いをはせる。

この本を読むときっと香川照之もさぞ苦労しているのだろうなあ。

 

続きができたら読んでみたい。