読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「秀山祭 九月大歌舞伎」 歌舞伎座

舞台

今日はスマホを忘れてしまい画像なしだ・・

 

昼の部を観に行く。

「菊畑」歌六染五郎、米吉、松緑

「法界坊」吉右衛門芝雀、錦之介、秀太郎仁左衛門

「双面水照月」 吉右衛門又五郎、錦之介、芝雀

 

「法界坊」は吉右衛門が法界坊、仁左衛門さんは道具屋甚三、おくみを芝雀

手代要助を錦之介、おらくを秀太郎、野分姫を児太郎

 

とても面白かった。見たことがないくせに、どうしても法界坊は勘三郎のイメージが

付きまとう。きっちーもどうどうと面白く生臭坊主を演じていたが。

そして仁左衛門様は安定の美しさ。顔立ち姿も美しい。スタイルがいいのが

やはりポイントだよな~。おじいちゃんなのに・・

また舞台はリアルに紙を燃やすシーンなどがあり趣向を凝らして楽しい。

 

その後の「双面水照月」もいろいろと仕掛けがあり興味深くはあるが、

舞踊があまり私は好きでないらしいので、本編ほどではなかった。