読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒」

舞台

衛星劇場で見る。

玉三郎が花魁八つ橋勘三郎が佐野の大尽、仁左衛門さんが八つ橋の間夫という

豪華なメンバーでシネマ歌舞伎にもなっている。

 

あばた面で田舎者の佐野が吉原で花魁道中の八つ橋を見かけて一目ぼれをし

その後は吉原に通い、貢ぎ、身請けの話が出るほどになっていくが

八つ橋には間夫がおり、自分を取るなら佐野を振ってこいと言われ

満座の座敷で佐野に恥をかかせる。

という単純といえば単純とした話なのだが、見始めるとぐいぐいと引き込まれ

最後も衝撃的な終わり方で唖然とする。

実話をもとにした創作らしいが、確かにこんな話はお芝居になるよな、