「西行と清盛」 嵐山光三郎

西行と清盛 (人物文庫)

西行と清盛 (人物文庫)


西行が大河よりちょっとマッチョで好戦的で、清盛ももっとガサツな
イメージだが、この西行はよく崇徳院様を気にかけ、面倒を
見てくれているのでいい。崇徳院もはかなげな様子で母親を
思い出させる雰囲気というのもいい。
こんなはかなげな新院があっという間に怨霊化の道をたどるのは
ちょっと唐突に感じるな。
後半は流し読みだったせいもあるが、怨霊をなだめるシーンはあった??