読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「とっぴんぱらりの風太郎」 万城目学

 

とっぴんぱらりの風太郎

とっぴんぱらりの風太郎

 

 万城目作品は以前トライしたものの、なんとなく読み進めることができず

読破したことがなかった気がするが今作は最後まで読めた。

 

豊臣秀頼の時期、伊賀を追い出された元忍者風太郎が不思議なおっさんに会って

思いがけず戦国の争いに巻き込まれていく。

うまくあらすじを言えない!

 

途中まではなかなかページが進まず、しかも分厚いし、これも読み切れないかもと

思っていたが、常世が男とわかってからは俄然読む気が起きて読み進む。

 

豊臣家は関ヶ原で敗れたのが終わりと思っていたが、そうではなかったのね。

大坂夏の陣とかそういえばあったっけ。

 

おちゃらけとファンタジーでずっと進むのかと思ってたが、なかなかシリアスな展開に

なってきて少しグロもあり、最後は意外とずっしりと終わった。