N響オーチャード定期 第102回 オーチャードホール

f:id:dji:20190321101550j:image

プログラムを撮影したが光ってしまった。

指揮はガエタノ・デスピノーサ

ピアノは反田恭平でコンマスは伊藤亮太郎だった。

 

歌劇の曲はドラマチックで美しくしかも耳なじみのあるものが

多いので聞いていて上がる。

反田さんの演奏する「パガニーニの主題による狂詩曲作品43」も

超絶技巧で圧倒されるししばらくメインテーマが頭の中で

いつまでも繰り返された。

 

そして「ボレロ」は自分がスネアドラムだったら緊張で

死ぬと思うくらいドキドキする。聞きながらもいつのまにか息をつめ

終わるとやっとホッと息をする気がする。

終了後指揮者が演奏者をたたえてくれるが、一番に讃えられるべき

スネアドラムには一度も振り返らず他の楽器ばかり讃える指揮者。

えー!?と思っていたらまさに帰るタイミングで紹介してくれたのは

わざとなの???観客も大歓声だったからいいけど。

 

演奏会の前にロビーコンサートがあった。

間に合わなかったがまさに最後の数小節のあたりで到着し

ちょっとだけ音が聞けた。レスピーギの「弦楽4重奏曲第3番ニ長調

をやっていたがすごく美しい曲できちんと聞いてみたくなった。

 

映画「聖☆おにいさん 第一紀」

山田孝之が制作、福田雄一が監督、脚本で松山ケンイチ染谷将太がイエスブッダ

あのゆるい世界を割と違和感なく表現できていた。

ちょいちょい孝之と福田監督の極めて緩いインタビューが差し込まれる。

それにしても仏教とキリスト教の基本的な知識があって楽しめる話だ。

 

映画「君の名前で僕を呼んで」

 

 なんとジェームス・アリボリーが脚本とか・・

昔は彼の映画をすごく好きでよく見たわ。

そして彼の映画のように美しいイタリアの自然やギリシャの叡智に

魅せられているエッセンスを感じる。

 

主人公の男の子は横顔がギリシャ彫刻のように濃くて美しい。

そして明るい光に包まれた夏の美しいイタリア。

男の子の弾くピアノはベーゼンドルファーでかっこよすぎる。

彼が恋に落ちる年上の学生オリヴァーはもっと年上に見える。

 

見逃しただけかもしれないが、なぜイタリアなのにフランス語

コミュニティ?その家族だけならフランス系なのねでわかるが

周りの友達たちもフランス語を話したり・・

そして英語もnative。

 

ヨーロッパ人は愛に寛容な気がする。

たとえ同性に惹かれていても愛することはいいことと捉え

理解がある。父親が「年を取ると体は衰え心はすりきれ

誰にも見向きもされなくなる」だから今はつらくても

そんな経験をできたことはすばらしいというようなことを

いうのだが真実過ぎて痛い。

 

映画「犬ヶ島」

 

犬ヶ島 (字幕版)

犬ヶ島 (字幕版)

 

 日本人が日本語の吹き替えをしていたかと思うのだが

妙に聞き取りづらかった。

でも出ている声優陣が日米ともにすごく豪華だ。

虹郎が出ているが相変わらずいい声だ。

主人公とともに戦う野良犬たちが民主的で

やたら「賛成な人はSay Ai」を何度もやっていたのがほほえましい。

「マリコ、カンレキ」 林真理子

 

マリコ、カンレキ!

マリコ、カンレキ!

 

 林真理子のエッセイはどれを読んだかわからない。

これもひょっとして読んでいたかも!?

 

オーバチャーというワイン、オーパスワンのセカンドラインらしいが

手頃でおいしいそうなので試してみたい。

「女は服装が9割」 吉村ひかる

 

女は服装が9割

女は服装が9割

 

 上質なものを着て上質な小物を持つ。

ペンなどの小物も目につくので自分を表現する大切な小物とのこと。

服を捨てるタイミングは毛玉が目立ってきたりくたびれ感が

出てきた時だそうだが、毛玉はすぐにできるしな。

 

コーディネートはカラーとバランスに気を付ける。

全身の色使いは3色くらいが適当で、主軸となる色を決め

それ以外は少し小さな面積がいいそうだ。

これは試せるかも。

K BALLET COMPANY 「カルメン」  オーチャードホール

f:id:dji:20190308184531j:image

友人に誘われ久しぶりにバレエを見た。

それほど期待していたわけではないのだが、すごく面白くて楽しかった。

やはり私は話を楽しむタイプのバレエが好きだ。

カルメンは音楽もすごく有名な曲が多いので、気分も上がる。

 

ストーリーはほぼわからない(ドン・キホーテと一緒になっている)ので

はじめは赤い髪のちょっとちんくしゃの女性がカルメンかと思ったが

カルメンはその後白い衣装でさっそうと登場し、そして妖艶でしなかやか。

てっきり赤いドレスで来るかと思っていたのでそれも意外で素敵。

カルメンが舞台に上がって周りに人が群がり中央で踊るシーンは

ぞくぞくするほどかっこいい。

 

反対側の二階席にクマテツが見に来ていた。かっこよかった。