連続ドラマW 「悪貨」

 

連続ドラマW 悪貨 DVD BOX

連続ドラマW 悪貨 DVD BOX

 

 なんとなくタイトルには見覚えがあると思ったら島田雅彦の原作を

読んでいたので、以前の感想も自分で後で見た。

でもすっかり内容を忘れていたな~。

 

偽札を作る組織のミッチーとそれを追う刑事の黒木メイサ

それにしてもメイサっていつも武闘派。

家にもルームランナーがあってtrainingもしているかっこよさ。

 

ミッチーのかわいそうな悪人ぶりもぐっ。

HIGH & LOW THE MOVIE

 

HiGH&LOW THE MOVIE

HiGH&LOW THE MOVIE

 

エグザイル映画は興味がなかったが新君も出ているようだしと

見てみることに。

無国籍風ヤンキームービーだったが、新君は悲劇のいいヤンキーだった。

タカヒロが癒しキャラだった。

「なかなか暮れない夏の夕暮れ」 江國香織

 

なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ

 

 すごく実験的な小説だ。

主人公は日がな本ばかり読んでいる資産家だけど普通の男性。

彼が読んでいる本の物語が綴られ、彼が現実に引き戻されるタイミングで

唐突にお話が中断されるの、一緒に現実に戻る気分が味わえる。

特別な事件が起こるわけでもなく、彼の周りのちょっと変わった人々の日常が

淡々と描かれ、淡々と終わる。

 

「ボストン美術館の至宝展」 東京都美術館

f:id:dji:20170804162637j:image

古代エジプト、東洋美術、現代などいろいろあったが、

一番面白かったのはフランス絵画だった。

 

ミレーの「洋梨」は黒っぽい大ぶりの洋梨が全面的に描かれているだけだが

存在感があり画面もキラキラ光っており面白い。

シスレーの「サン=マメスのラ・クロワ=ブランシュ」もなんてことない

風景画だが、ずっと見ていたくなる不思議な魅力がある。

シスレーは静物画の「卓上のブドウとクルミ」も面白かった。

モネの作品はいまさらと思っていたが、「くぼ地のヒナゲシ畑、ジベルニー近郊」では

むせかえるような草いきれが感じられるし、「アンティーブ、午後の効果」では

海の色がまさに地中海色、「睡蓮」も見飽きたと思っていたが、

水面に浮かぶ睡蓮から周りの情景まで目に浮かぶ。

 

ゴッホの「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」とルーラン夫人の像も面白い。

ゴッホの絵はポストカードと違って本物の絵はどこがどうという説明は

できないが迫力というか色合いというか面白いなといつも思う。

 

 

「タイ~仏の国の輝き」 東京国立博物館平成館

 

f:id:dji:20170804131855j:image

タイの仏像はやはりヒンドゥー教の神に似ているものが多いのは

やはり地理的な理由に寄るのだろう。

とにかくみんなごっつい福耳だ。

装飾はレリーフが多用されていてしかも細かくて美しかった。

「没後40年 幻の画家 不染鉄   暮らしを愛し、世界を描いた」 東京ステーションギャラリー

f:id:dji:20170731103029j:image

日曜美術館の紹介で興味を持ったがこのポスターだけでは行く気にはならなかった。

 

墨絵やカラフルな精密画やら、シンプルな線の絵などいろいろな画風がある。

集落を描いた作品が多く、私は墨絵で線の少ない絵が素朴ですごく好きだ。

静かにまっすぐに降る雨にたたずむ夢殿を描いた「雨の夢殿」や

暗闇の中に明かりが漏れる民家の絵もすごく抒情的でよかった。

 

ステーションギャラリーは東京駅の改築後には初めて来たかも。

意外に広い印象だ。昔はもっと狭くなかった?

 

映画「アリーキャット」 テアトル新宿

f:id:dji:20170723160557j:image

窪塚洋介の新作として見てみたくなった。

 

窪塚君は元プロボクサー役だったが、降谷健志の方がプロボクサーっぽかった。

社会の底辺に生きる二人がふと知り合った母子を救うために戦う話で

アリーキャットというのは野良猫という意味らしい。

 

最後はどういう落とし方?と思ったのだがなんとなく終わった気が・・

 

もっとどんどん映画に出てほしいな、窪塚君。