読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「安田靫彦展」 東京国立近代美術館

f:id:dji:20160422152209j:image

彼の作品は切手になった額田王くらいしかしらなかったのだが、

義経と頼朝を描いた「黄瀬川陣」を見て興味を抱き今回行くことにしたのだが

行って大正解だった。今年行った展覧会はヒットが多くとてもうれしい。

 

安田の絵は言われる通り線に特徴がある。

細かい線を多用せずとてもシンプルなのだが、それに色合いや構図が相まって

実に印象深い絵になっている。

「夢殿」は聖徳太子を描いたものだが、全体的にはベージュ系の

落ち着いた幻想的な色合いでとても気に入った。

安田の作品は薄い塩顔系が好きな私のツボの入りやすい作風なのかも。

色の使い方も上品で、パステル系とも言えるがvividな色も使っているし

小物や武具、衣装などにとても細かい装飾が施されたり

細部まで楽しめる。

 

彼が歴史画を多く買いているというのも、テーマがテーマだけに

別の世界に連れて行ってくれるので面白い。