「アースダイバー」中沢新一

朝日の書評で知り興味を持った。

 

縄文時代などの大昔の東京がかなり海だったり

街の歴史を各章地図を掲載しながらの紹介なので

遥かな昔に思いを馳せながら読める。

これを見ているとブラタモリにも興味が湧いたり。

古来から岬が大切な場所だったというのは

唐突にドラマのnight headを思い出した。セリフにも

「岬で待つ岬で待つ」と言うのがあった気がする。

なんだか精神世界や宗教的なことが絡んだりするが

それも人間の歴史という気も。

 

東京タワーが朝鮮戦争で使用不能になった米軍の戦車を解体した

鉄で作られたというのも興味深い。

 

ところで外国にも金魚はいるのだろうか?

熱帯魚はいても金魚はあまり見かけないような。

中国から伝わってきたらしいから中国くらい?