映画「プーと大人になった僕」 TOHO CINEMAS日比谷

Midtown 日比谷は行ったことがあると思っていたが

今回ここの劇場に来て初めて来たと思う。

 

エスカレーターを上がると前に明るい景色が広がるが

大きな窓が全面にあり美しい緑の皇居が見える。

しばらくぼっと見ていたいほど美しい景色だ。

そういえば皇居の周りって高い建物制限されていなかったっけ?

昔の話か?

 

映画は絵本のイラストをCGで現実とうまく折りまぜ

絵本の世界観から現実にうまく移っていく。

少年時代のクリストファー・ロビンがまたかわいい少年で。

森のお別れ会には胸が締め付けられる。

大人になったらユアン・マクレガーなのもすごく自然にそう思えた。

ディズニー映画で、子供連れのお客も割といたが、大人向きの映画だろう。

おじさん観客もちらほら。

 

前半から半分くらいまでずっと私は目に涙がにじんでいた。

会社員になり余裕のない大人になったクリストファーだが

上司は彼のことをロビンと呼んでいた。イギリスでは結構普通なのだろうか。

プーが自分の脳みそは小さいから卑下していうのもいじましい。

最後はハッピーエンドなのでそれはよかった。