映画「女神の見えざる手」

ロビイストというと日本ではいまいちピンとこないのだが、映画を見ていると

理解できる。アメリカでは大活躍だ。

 

主人公の女性はすごくきれるロビイストで、最初は一流企業に

働いているのだが、自分の信念のため転職する。

彼女の手段を択ばず目的達成に全力を向けるのはすごい。

会話も早口で難しい話をしているので最初はついていくのも大変。

大手の企業に圧力をかけられたり仲間と険悪になったり、

精神的にも追い込まれたりといろいろと困難があり、

最後まで飽きさせない。

 

内容が分かったうえでもう一度見返して復習したいと思う映画だ。