映画「ドリーム」

英語のタイトルはHIDDEN FIGUREというらしいが、

日本語のタイトルはすぐに忘れてしまう。

 

NASAでのロケット打ち上げに貢献した黒人女性たちの物語だが

大変な数学の才能を持った黒人女性3人が人種偏見や女性差別など

さまざまな障害をはねのけ自分の仕事と信念にまい進する様子に

胸がすく。彼らは才能だけでなく、家庭もあり、子育てもしながら

おしゃれもしてヒールをはきマニュキュアも塗っている。

 

この中で人種差別も大変ではあるのだが、才能のある彼女たちに

向けられる男たちの嫉妬が一番醜く大変だ。

 

特別な才能がある人には果たすべき役割がある。

「初めて」の人になる責任もある。

いろいろな苦労もチャレンジもあったが、一緒に励ましあい

働ける仲間がいてこの時期に出会えたのは救いだ。

 

ジョン・グレンが陽気で勇気もあり公正な考えができる人として

描かれていたが後に女性宇宙飛行士の反対をしていたという話は

本当なのだろうか?