読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「暗幕のゲルニカ」 原田マハ

 

暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ

 

 やはり原田マハの美術物は面白い!

 

この本も実に読み応えがあった。

夫を9.11で亡くした日本人のMOMAのキュレーターとゲルニカ作成時の

ピカソの恋人ドラの話が交互に綴られる。

どちらの時代の息吹もしっかりと感じられどっぷりと中の世界に入れる。

そして毎度思うことだが、この史実とフィクションが混じる話は

果たしてどの程度が本当なのかすごく興味がわく。

 

最後の結末に関してはいまいち意外な展開だったが

すごく今回も読みごたえがあるいい作品だった。

 

そして自分はスペインでゲルニカを見に行ったことがあっただろうか?

いろいろな美術館に行ったと思うのだが思い出せない。

ということは行っていないのかな?