読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「N響オーチャード定期 第89回」 文化村オーチャードホール

指揮 ロベルト・トレヴィーノ

ピアノ ペーター・レーゼル

コンマス 篠崎史紀

 

ベートーベン ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37

 

ブラームス 交響曲第2番ニ長調作品73

 

どちらも美しい曲で楽しめる。

ピアニストのレーゼルはおじいちゃんなのだが、たぶんかなりの大柄のようで

ピアノが小さく感じるほどだった。

もちろん鍵盤を端から端まで弾いても軽々に見える。

手が大きいのはピアニストには有利だ。