読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Masato」 岩城ケイ

 

Masato

Masato

 

 子供の話なんか興味ないのに読んだのは、主人公の男の子がとてもいいと

書評か何かで読んだからだと思う。

 

オーストラリアに急に赴任することになった一家の男の子の

成長の話なのだが、子供のしぐさや描写が愛らしく

とてもうまい。

はじめは英語のわからなかったマサトがだんだんと友達もでき

苦労をしながらも現地に溶け込み、

一方日本の方ばかりを見ている母とは壁ができていく。

 

パーティをするからdishを持ってこいと言われて本当に

皿だけを持って行って笑われたり、いじめっ子が父親のいるアメリカから

帰ったらアメリカなまりになってみんなにかっこよく思われたり、

勉強もピアノもできる優等生の台湾系の少年となかよくなったり。

ドラマチックなことは起きないのだが、確実に一歩づつ成長していく

マサトの様子にうれしくなる。

 

用務員さんのようないつも汚い恰好をしているおじさんが

ライオンズクラブの会長のボランティアだったり、みんなで

いいところを素直に褒め合ったりするのはいいなと思う。