読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「肉筆浮世絵 美の競艶」 上野の森美術館

f:id:dji:20160115163738j:image

シカゴの日本美術収集家のロジャー・ウエストン氏のコレクション展。

版画に対し、肉筆浮世絵は貴重なものとのこと。

 

六本木のフェルメールに行こうか悩んだものの、混雑していそうだし、気分は美人画と思い、来たのだが思った以上に混んでいてちょっと期待はずれ。

上野の森美術館はかなり久しぶりに来たが、やはりあまり好きではない。

なんとなく陳列の仕方とか内装とかがちょっと見にくい。

 

もっとゆっくり見られればよかったがそれでも楽しめる作品たちだ。

当時の風俗が細かく書き込まれており、着物の柄や飾り櫛や、小物がおしゃれだったり

インテリアだったりみていて興味深い。

掛け軸の淵の部分(絵のまわりのフレーム部分)をなんというのかわからないが

それぞれの絵を美しく彩り手の込んだ刺繍が美しくそれにも目を奪われた。

遊女と一緒に禿が一緒に描かれているものも多く、大河の怖い禿を思い出す。

 

色鮮やかな浮世絵は美しくて好きだが、北斎のラフスケッチという感じの

「大原女図」とか「京伝賛遊女図」とかいいんだな~。

 

ところで着物の柄って同じものはないものなのかな?

同じ柄を着ている人と街でばったりとかはなかったのかなと

ふと思ったりして見ていた。