読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ボッティチェリとルネサンス ~ フィレンツェの富と美」 Bunkamura ザ・ミュージアム

f:id:dji:20150529175034j:image

ボッティチェリの作品が多くあったが、「春」の印象ではなく

どちらかというとイコンのようなものが多かった。

そんな中でフレスコ画の「受胎告知」が色も美しく目をとらえる。

天使もマリアも踊るような優雅な姿勢で綺麗だ。

フラ・アンジェリコの「聖母マリアの結婚」「聖母マリアの埋葬」もよかった。

 

ルクレツィアがモデルと言われている浮彫もよかった。

 

あんなにメディチ家に取り立てられたボッティチェリが後年

サボラノーラに傾倒していたというのは不思議だ。

晩年は仕事もなくなりひっそりと亡くなったようだが、

ウフィッツィに飾ってあるあの堂々と美しい絵を描いた画家が

そんなことになっていたとは・・