読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アイネクライネナハアトムジーク」 伊坂幸太郎

 

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

 

 短編集だが、別々の話に見えて、あの話のこの人がこの話の人というように

登場人物が交錯している。それが面白みでもあるのだが、年取った頭には

「あれ?この人どこに出てきた誰??」といちいちさかのぼって大変。

途中であきらめ始めた私。

 

「斉藤さん」と呼ばれている不思議な店では、客が100円を払い「今こんな気持ちです」というとそれにぴったりな気分の曲をパソコンから再生される。

それが驚くほど心にぴったりという。

この斉藤さんは斉藤何某という人の曲ばかりから選ぶらしいのが

それが斉藤和義だったとはあとがきで知った。