読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「イヴ・サンローラン」

映画

f:id:dji:20141005105001j:plain

ピエール・ニネというフランスの俳優がイヴの役なのだが、コメディフランセーズの

出身らしっくそれも驚いた。

 

若い頃から才能を認められディオールのデザイナーに抜擢されながら、

戦争のため兵役が耐えられる精神を病んだり、不当解雇されたり、

家族はすむアルジェリアで内紛がおこり悩んだりと

いろいろと悩みの多い青年で、とても繊細で、仕事以外では生活力がない天才。

彼を公私ともに支えてくれるパートナーとめぐり合いうまくいってたり

喧嘩したり悩んだりという様子が描かれている。

イヴ自身も天才で悩みを多く抱えてつらいさまはよくわかるが、彼のパートナーの

ピエールの苦悩も見ていて辛くなる。

 

映画で目を引くのは美しいファッションと、その時代のファッションビジネスで

働く女性たちのかっこいいファッション。実名で伝説のセレブ達もたくさん出てきて

華やかな時代を感じる。

 

イヴはしゃべり方もいつもささやくようで、声を張らないのだが、

ショーの最後に挨拶に出てお辞儀をするさまが「神学生のよう」というのが

あまりにぴったり。マヌカンたちにドレスを着せて見終わった時にも

彼らに「メルシー、マドモアゼル」ときちんといつも言っているのも

礼儀正しいお坊ちゃんでいい。

 

ピエールと知り合い恋人同士になったばかりのシーンは二人で子犬がじゃれるように

楽しくパリを散歩していたりしてかわいいのだが、そんな時はすぐに去り

苦悩の日々になるのだ。

芸術家というのは脳の構造が一般の人と違い、どこかがすごくすぐれている分

他は欠落しているのかもしれない。