読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ライフ」

 

Life [DVD]

Life [DVD]

 

 若かりし頃の綾野剛の作品なんだが、透明感がありファンタジックで

癒しのオーラがでている。

 

主人公はすごい田舎町に住んでいて、キャンドルアーティストで、

周りには外国人が多く、剛君自身も中国語を普通にしゃべったり、

シェイクスピアのセリフを英語で言ったりと謎がいっぱい。

 

そんな彼が同窓会に出席するために久しぶりに都会にでる。

その前に前日に出かけたトンネルで事件に遭遇する。

そこには待ち合わせの時間変更を掛けてきた間違い電話の主に

本来の待ち合わせの相手は来ないと教えてあげるためだった。

その女の子と事件に巻き込まれ、その後もしばらく一緒に過ごす。

この女の子もかなり重いものを背負っていると後にわかる。

すごく優しい男の子なのだが、一方で同窓会は始まり幹事で親友の忍成君が

ずっと剛君を待っているのが、かわいそうでいじらしく、あんなにかわいい子を

待たせたらだめ~っと思いながらつい見てしまった。

 

ちょっと湿気を含んだ澄んだ空気を吸ったような、見た後そんな気になる映画

だった。謎が多かったのでわからないこともたくさんあったが、

それはそれとして受け入れられるような。

 

ささやき系の小声のセリフが多かったせいもあるだろうが、時々セリフが

聞き取れない。昔はARATA君の映画に字幕があるとよく理解できていいと

思っていたが、最近はARATAはあまり問題なくなってきたものの、

代わりに綾野の字幕はほしかったりして。