読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「首折り男のための協奏曲」 伊坂幸太郎

 

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

 

 この本を読んでいて最後のページが近づくにつれ、どうやって物語を

終わらせるのか????と心配になったが、どうやら繋がっていなかったらしい。

始めは首折り男の話が続くが、途中から空き巣の黒沢さんがらみの話に。

伊坂さんだから最後には話が全部つながるのねと勝手に思っていたら

また首折り男の話になったが、それぞれは繋がっておらず、黒沢さんとも

繋がっていない。あとがきを読んだら初めから繋がっていない話が

なんだかゆるやかに繋がっているような短編と知る。

それならそれで実験としては面白いし納得。

 

伊坂さんの話に出てくる普通の男の人はなんだか隙があっていいな。

表現の仕方もいちいち的確で面白い。