「モダンタイムス」伊坂幸太郎

モダンタイムス (Morning NOVELS)

モダンタイムス (Morning NOVELS)


近未来の日本。
システムエンジニアの渡辺はある日自宅に帰ると
妻は不在で、忍び込んでいた男に拷問にあう。
どうやら浮気を疑う妻が差し向けてきたようだが、
妻も男も真剣に拷問する気でいるのに恐怖を感じる。


妻は全身全霊で渡辺を襲ってくるので恐れながらも
仕事では、失踪した先輩五反田の仕事を引き継ぐことに。
その仕事の発注先は不思議な企業で向こうからの連絡はできても
こちらからは連絡がつかない。
その仕事を続けるうちに、ある検索キーワードを検索すると
ある出会い系サイトにつながることを発見する。
不審に思っていうちに、そのキーワードを検索した人たちに
事故、自殺、事件などが次々を降りかかり・・・


超能力とか民衆を操作するとかという話が絡んでくる
ちょっと政治的な話の展開もあるのだが、
基本的にはただの一般人の渡辺が仲間と一緒に
真相究明に動いて、結果事件を解決?するという
エンターテイメントが基本。
最後は風呂敷を広げすぎずに、一般人らしい終わり方も
好感が持てるんだろう。


出てくるキャラクターがなかなか個性的でマンガ的でもある。
傍若無人で誰に対してもタメ口の「チルドレン」の陣内キャラの五反田や、
やたらと気の強い奥さんは気だけじゃなく、肉体的にも精神的にも強靭で
いったい何者!?と読んでいてずっと思っていたわけだが、
やはり魅力的なのは、主人公の渡辺だ。
彼はちょっとうかつでおっとりして素直、ユーモアもあり
淡々と現実を把握し、自分なりに果敢に挑む。
そしてなんといっても可愛げがある。
いかにもという「もてキャラ」ではないのに途中
「あんたもてるだろ?」と渡辺が言われるシーンがあるのだが
「やはり!もてるんだ」と読んでいて思ったので
こういう男性はもてるんだろう。


「魔王」の話とつながっていて、「魔王」の兄弟も好きだったので
またこの本も読み返したくなった。