読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アクロバティック 白鳥の湖」 オーチャードホール

演出 ジャオ・ミン
白鳥 ウ・ジェンダン
王子 ウエイ・バォホァ
広東雑技団


友人に誘われ、大して興味もなく向かったのだが、
思いがけず面白かったので大満足だ。


白鳥の湖チャイコフスキーの音楽を使い
バレエと所々同じように進むし、王子も王子として出てくる。
途中、棒から棒に空中で移動したり、帽子をいくつも手にして
次々と帽子を隣に渡しながら踊ったり(途中で落とした人がいてドキドキ)
ジャグリングもかっこよく、大きなリングを使った踊りは
アクロバティックでありながらとても優雅で美しかった。


かえるの踊りも本当にかえるのような軽い身のこなしだし、
魔王もおしゃれだし、途中人間を消したり、出したりのマジックも。


オデットはスタイルがとてもいいのだが、かなり華奢で
しかも羽根が少なめな衣装の性か、他のスワンよりもむしろ地味な感じ。
だが彼女は王子の肩にトウシューズで立って片足でバランスをとったり
王子の頭の上に乗ってやはりトウで立ったり(王子の脳天はどうなっているのか?)
安定感もあり、でもバレエの素養も感じられ美しい。


前半に比べ、後半の展開は急ぎ足に感じた。
衣装はクリーム色やペパーミントなど西欧的な美しさとデザインなのだが
舞台は所々中華チックだ。
最後は王子とオデットがめでたしの場面で、赤と白の花の輪の中心に
赤と白の衣装の二人が納まるという展開。

全体的に美しくて楽しめる舞台だったが、本物のスワンが見たくて
たまらなくなった。できればギエムでオペラ座で。