読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「キレイ 神様と待ち合わせした女」 作・演出 松尾スズキ

舞台

久しぶりのコクーンで初めての大人計画の舞台にわくわくだ。
ケガレ役は鈴木蘭々だったが、歌も上手くファルセットが綺麗でうっとり。阿部サダヲも歌が上手くてラップっぽい所も難なくこなしていて感心する。
片桐はいりは芝居がうまくさすがだ。大浦龍宇一はしばらく彼とはわからなかったが、高岡早紀は終わってキャストを見るまで気づかなかった。クドカンは強がるテロリストだが、いきなり弱気になるシーンが妙に説得力がある。
岡本健一君は、なかなかガンバって違和感もあまりなく混じっていたように見える。お歌は相変わらず下手だが、芝居の最終に大きな地震が起きて会場からちょっとした悲鳴が上がったときも、動揺していたようだったが、うまくアドリブでかわして芝居を続けてくれたのはすばらしかった。
この作品はミュージカルだが、曲もいいものが多かった。でも長い!私の席はバルコニーだったのですごく見辛く大変だったが、立ち見の皆さんがその後ろにいて、さぞお疲れだったろう。
クドカンドラマを最近よく見る私にはおなじみになった役者がちらちらいて、荒川良々君や村杉蝉之介は見れたが、池津ジェシー祥子がどこにいたのかわからなかった、残念。
そしてなんかの間違いで今日もARATA君が見に来ていないかと思ったが、やはり来ていなかった、残念。
カーテンコールでクドカンが地震の影響で止まっている交通機関の案内をしてくれた。
そのときJRは完全に止まっていたが、結構経つのにまだそんなことになっているのかと地震の大きさを改めて思った。