映画「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年 [DVD] 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2018/08/22 メディア: DVD この商品を含むブログを見る ドキュメンタリー映画なのだが、おしゃれで面白い。 かわいいイラストのおしゃれなアニメも素敵だ。 アメリカでブレ…

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」 Bunkamura ザ・ミュージアム

ART

イギリスの海運王ウィリアム・バレルのコレクション展。 知らない画家の作品も多かった。 セザンヌの「壊れた果物かご」もなんてことはない静物画 なのだが色の使い方がきれいで目を惹く。隣にあった ルノアールの静物画もきれいでよかった。 小ぶりな作品だ…

「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」 アンソニー・ロビンス

世界のエリート投資家は何を見て動くのか 作者: アンソニー・ロビンズ 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2018/11/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 前半はカリスマ投資家へのインタビュー、後半は自己啓発本。 ほとんどのカリスマ投資家…

「フーガはユーガ」 伊坂幸太郎

フーガはユーガ 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2018/11/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ドメスティックバイオレンスがテーマのようで、伊坂さんだから エンターテイメントにうまくまとめているけれども やはり読…

「これからの投資の思考法」 柴山和久

元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法 作者: 柴山和久 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/11/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた」とサブ…

「ハムレット」 シアターコクーン

当日券で並んだら私の目の前で座席は売り切れ(涙)立ち見のみになった。 長いし悩んだが気持ちは舞台モードだったので思い切って買ってしまった。 さらに座席券のキャンセル待ちというのもできるらしくその場合は 開演5分くらい前にあったら売るらしいがな…

映画「ホワイトクロウ」 シネシャンテ

ヌレエフの亡命の話なのだが、貧しい幼少時の場面も ちょくちょく挟まれお母さんの姿などは胸が詰まる。 タタン人かなにからしいが、いわゆる白人ではなくロマのような 東アジアのような兄弟と両親だ。 出てくる女性たちがきちんとしたきれいな恰好をしてい…

N響オーチャード定期 第103回 文化村オーチャードホール

今日はソプラノ。 指揮 エド・デ・ワールト ソプラノ 中村恵理 ブラームス 悲劇的序曲 作品81 Rシュトラウス 「献呈:作品10-1 「あすの朝」作品27-4 歌劇「インテルメッツォ」 「憩え、わが魂」 「解き放たれて」 「チェチーリエ」 ブラームス 交響曲第2番…

「すぐ死ぬんだから」 内館牧子

すぐ死ぬんだから 作者: 内館牧子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/08/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 主人公は後期高齢者の女性。 老人は自然体でいるとだんだん見苦しくなってくるので 身なりに最大限気を…

映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実」  シネシャンテ

最近見た「バイス」と時期も重なり両サイドから見れて面白い。 世の中がテロの恐怖に陥れられてから何が正義か 正常な判断が下せなくなり戦争を反対しようものなら 非国民扱いになっていく時世が怖い。 みんなから白い眼を向けられても自分たちが正しいと思…

「敗者から見た明治維新 松平容保と新選組」 早乙女貢

敗者から見た明治維新~松平容保と新撰組 作者: 早乙女貢 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2003/11/27 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (7件) を見る 公平に見えてすごく会津と新選組びいきの本だ。 著者のくやしさが伝わる。 戊辰戦…

映画「デッドプール2」

デッドプール2 (吹替版) 発売日: 2018/07/27 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る これって一応ヒーローもの? いろいろな映画の話が出てきたりパロっていたり面白い。 シリアスなシーンもたまにあるのだが全体的には おふざけの中にあっても…

「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」 舟橋孝之

[ポイント図解]クレーム対応の基本がしっかり身につく本 作者: 舟橋孝之 出版社/メーカー: 中経出版 発売日: 2011/09/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る [ポイント図解]クレーム対応の基本がしっかり身につく本 作者: 舟…

「フランス人の40歳からの生きる姿勢」 ミレイユ・ジュリアーノ

フランス人の40歳からの生きる姿勢 作者: ミレイユ・ジュリアーノ,倉田真木 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/01/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 人にいい印象を与えようと着飾るとスタイルはコケットになるという。 確かに服装とい…

「いま君に伝えたいお金の話」 村上世彰

いま君に伝えたいお金の話 作者: 村上世彰 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/09/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 子供のためのお金の本なのでわかりやすい文章なのと お金に対する考え方を書いている。 お金は寂しがりやの話も…

「国宝東寺 空海と仏像曼荼羅」 東京国立博物館平成館

ART

東寺は平安京遷都に伴い王城鎮護の官寺として建立されたらしい。 いい加減東博にも何回もいろんな展覧会で来ているから以前見たことがある 展示物もある気がするが、今回は仏像や曼荼羅が多く見ていてわかりやすい。 一部仏画が写真のところもあったが、ディ…

「三月大歌舞伎」 歌舞伎座

夜の部は ㈠盛綱陣屋 雷船頭 弁天娘女男白波 仁左衛門さんが盛綱を演じる。熊谷陣屋、盛綱陣屋ばっかり しょっちゅうやっている気がして今回はあまり興味がわかなかったが ポスターの写真がかっこいいしやはり行くことに。 首実検をするシーンで正装の長い袴…

「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」 東京都美術館

ART

instaweatherの日付はあっているのに曜日が木曜になっている。 本当は金曜日だ。 この展覧会はいろいろな画家の作品が集められている。 若冲では拓版画がありそれが素朴でとてもよかった。 普通の版画とは逆に印刷するらしいのだがシンプルなのにおしゃれだ…

N響オーチャード定期 第102回 オーチャードホール

プログラムを撮影したが光ってしまった。 指揮はガエタノ・デスピノーサ ピアノは反田恭平でコンマスは伊藤亮太郎だった。 歌劇の曲はドラマチックで美しくしかも耳なじみのあるものが 多いので聞いていて上がる。 反田さんの演奏する「パガニーニの主題によ…

映画「聖☆おにいさん 第一紀」

山田孝之が制作、福田雄一が監督、脚本で松山ケンイチと染谷将太がイエスとブッダ。 あのゆるい世界を割と違和感なく表現できていた。 ちょいちょい孝之と福田監督の極めて緩いインタビューが差し込まれる。 それにしても仏教とキリスト教の基本的な知識があ…

映画「君の名前で僕を呼んで」

君の名前で僕を呼んで(字幕版) 発売日: 2018/09/14 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る なんとジェームス・アリボリーが脚本とか・・ 昔は彼の映画をすごく好きでよく見たわ。 そして彼の映画のように美しいイタリアの自然やギリシャの叡智…

映画「犬ヶ島」

犬ヶ島 (字幕版) 発売日: 2018/07/20 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (2件) を見る 日本人が日本語の吹き替えをしていたかと思うのだが 妙に聞き取りづらかった。 でも出ている声優陣が日米ともにすごく豪華だ。 虹郎が出ているが相変わらずい…

「マリコ、カンレキ」 林真理子

マリコ、カンレキ! 作者: 林真理子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/03/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 林真理子のエッセイはどれを読んだかわからない。 これもひょっとして読んでいたかも!? オーバチャーというワイン、…

「女は服装が9割」 吉村ひかる

女は服装が9割 作者: 吉村ひかる 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2018/03/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 上質なものを着て上質な小物を持つ。 ペンなどの小物も目につくので自分を表現する大切な小物とのこと。 服を捨てるタイミ…

K BALLET COMPANY 「カルメン」  オーチャードホール

友人に誘われ久しぶりにバレエを見た。 それほど期待していたわけではないのだが、すごく面白くて楽しかった。 やはり私は話を楽しむタイプのバレエが好きだ。 カルメンは音楽もすごく有名な曲が多いので、気分も上がる。 ストーリーはほぼわからない(ドン…

映画「女王陛下のお気に入り」 六本木TOHO CINEMAS

レイチェル・ワイズがH・B・カーターかジュリエット・ビノシュかと 思ってみていた。 薄暗い建物の中の様子が昔のイギリスって感じだ。 薬草を取りに馬で森に走るエマ・ストーンがかっこいい。 二人が狩りをするシーンも男装のようなきりっとした衣装で それ…

「国宝」 吉田修一

国宝 (上) 青春篇 作者: 吉田修一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/09/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 衰退する関西歌舞伎の様子や出てくる役者人がこれは仁左衛門さん一家?とか 思ったり出てくる人たちが実際の歌舞伎役者と…

二月大歌舞伎 歌舞伎座

久しぶりにニザ玉で夜の部に参加。 入ったらまずはスパークリングワインを急いで買って座席へ。 興行的にはよくないのだが、私の隣は空いていたので快適だった。 演目は 1.熊谷陣屋 2.當年祝春駒 3.名月八幡祭 熊谷陣屋はまたかという感じで以前も見た…

「新北斎展~北斎、前人未到の世界へ」 森アーツセンターギャラリー

ART

北斎って何度も名前を変えていたんだね。 小品も多い。静物画も面白い。 展覧会はなかなかの混雑ぶりだった。 ヒルズタワーって周りの景色がいろいろ見れて展覧会の後も 楽しい。

映画「リメンバー・ミー」

リメンバー・ミー (字幕版) 発売日: 2018/05/29 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 映画紹介番組で板谷由夏が号泣したと言っていたので興味がわいた。 音楽が禁止されている一族の中で音楽が好きで仕方がない男の子の 冒険の物語なのだが、…