TV

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 DVD BOX 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2013/03/22 メディア: DVD クリック: 4回 この商品を含むブログ (5件) を見る ヨシヒコシリーズを続けてCSで再放送があったので見てみた。 やはりこの絶妙の力抜き加減や、パクリねたや、パロ…

「非常の人 何ぞ非常に ~ 奇譚 平賀源内と杉田玄白」

BSでやっていた舞台中継で見た。 平賀源内を佐々木蔵之介を玄白を岡本健一が演じる。 他に小柳友や篠井英介、奥田達士など。 作、演出はマキノノゾミだ。 平賀源内と玄白の友情、仕事、挫折、孤独などを描いた作品なのだが、 何気に見はじめそのまま続きを見…

「音楽探偵アマデウス」

TV

先日録画で見たがとても面白い! 初回はラベルのボレロを特集し、曲を掘り下げて解説してくれる。 なんとなくバレエの曲って感じに思っていたが 曲としての仕掛けもたくさんあるテクニカルな曲だった。小太鼓が同じリズムを延々と刻み、しかも音をだんだんと…

「ぴあのピア」

TV

NHK BSでやっている「ぴあのピア」の特集番組を見たら、 スカルラッティのソナタがやっている。 最近読んだ「セーヌ左岸のピアノ工房」の中で 老人がスカルラッティのソナタを弾くシーンがあった。 著者はスカルラッティが好きだったが、生で演奏を 聞く機会…

「強く、強く 〜 バイオリニスト 神尾真由子 21歳」

TV

再放送のあったNHKの番組を見たが、彼女のなんと大人びていて 落ち着いていること! そして6歳くらいからオーケストラと協演していたらしく 10歳くらいにはソリストとなっていた模様・・ そして14歳でジュリアードに留学しているが、 その際アメリカで…

「ユニクロCM」

TV

会社でぼ〜っとテレビを見ていたらなんだかArata君に 似ている人が出ているなと思い「あれ?」「あれあれrr??」 とだんだんと「大変!!Arata君が出てる、加瀬亮と!」とびっくり。 ユニクロに出てるなんて珍しいと思ったものの、 やはりあれは幻?と家…

「絵島生島」

TV

ケーブルで有馬稲子と片岡孝夫の「絵島生島」が やっていたので、見てみる。最近映画化されて宣伝されていた「大奥」では 仲間由紀恵が絵島をやっているが、 こちらはぐっと大人風といった感じか。 町暮らしから大奥に上がった絵島がどうやって のし上がった…

「クライマーズ・ハイ」

TV

日航ジャンボ墜落事件を取材する群馬の地方新聞社、過去取材がらみで部下を亡くして以来、出世もせず一記者として過ごしていた悠木(佐藤浩市)に全権デスクを任された。報道とは新聞とは何かを考えさせる。 クライマーズハイとは、登山者が急に恐怖心などが…

「岸恵子のとっておきフランス旅」

TV

BS朝日で岡本健一君と一緒にパリやブルターニュを回る旅番組を見る。 お正月の放送を見逃していたので再放送を楽しみに見る。 岡本君は適度に甘えや子供っぽさや礼儀正しさを出し大人の女性を上手にエスコートしていた。手をつないだりぴったり寄り添ったり…

「チルドレン」

TV

伊坂幸太郎のチルドレンの映像化があり、CSで流れたものを友達がとって見せてくれた。チルドレンの原作にまったく忠実ではなく、シリーズのいくつかの話がまじっていたりアレンジされていたが、基本的にはなぞっておりキャラもなかなかあっている。 でも武藤…

「カバチタレ」

TV

1 [DVD]" title="カバチタレ! 1 [DVD]" class="asin">今まで、切れ切れに見たことがあったのだが、今度こそ通しでと思いながらもやはり初回は逃してしまった。大森美香の作品には常盤貴子のような女の子が似合うのだろうな。 山Pがウルトラ可愛い。(まあ、…

「アテナ」

TV

昔のテレビ番組をツタヤで借りる。WADという大企業の企業城下町に住む女子高生アテナ。両親も友だちの両親もそこで働く環境だ。アテナは人とは違う能力があることに気付き始めると、その能力は覚醒しだし、色々な事件に巻き込まれる。自分を狙う超能力者の男…

「もう一度キス」

TV

いや〜、窪塚洋介はやはり美しい!ヒロインの誰よりも。 ストーリーはたいしたことないかもしれないが、音楽がなかなかよかったのと、映像が美しかったのはgood。 オープニングの夜の東京をバックにタクトを振るような窪塚君はとても気に入った。女の子の方…

discovery channel「コンコルド墜落事故の真相」

TV

やはりコンコルドの姿は美しいな。JFKの職員が色々な航空機が行きかうJFKでもコンコルドがいると思わずみんなの目が奪われると言っていたが本当にそうだろうと思う。 滑走路にちょっと前に別の飛行機から落下した金属部品にタイヤが破裂し燃料タンクをダメー…

ディスカバリーチャンネル「大韓航空機墜落事件」

TV

事件当時はコテコテの民間機をスパイ機と思い打ち落としたというソ連の言い分に「ありえないでしょ」と思っていたが、この放送を見て本当はありえたかもと思えた。 大韓航空機が空路を外れ(一時は大幅に)たのも、たまたまパイロットはINS(initial navigati…

「徹子の部屋」ゲスト岸 恵子

TV

岸恵子は相変わらず「パリのおばさま」風でかっこいい。日本でも最近はかなりかっこいいおばさまが増えてきたが、彼女は元祖といった感じ。 お正月の特番でパリを訪ねる番組を岡本健一君を連れてやっていたが、その放送の内容がちらっと紹介されていた。やは…

「大河ドラマ 新選組!スペシャル」

TV

新春の新選組の総集編を見る。本放送でチラッと見たところも割とあったので、意外に放送を見ていたのだと思うが、やはりあれだけ長いものをまとめるとかなりはしょることになるので、説明が足りなかったり、登場人物の人間関係が把握できにくかったりした。 …

「9.11同時多発テロ事件」

TV

ディスカバリーチャンネルのAA11便の墜落までの模様をドキュメンタリー風に再現した番組を見る。テロに乗っ取られ運転がめちゃくちゃになっても乗客達をパニックに落としいれないために乗員達は真実を知らせずに冷静にがんばっていたのだが、あれしか方法は…

「アンフェア」

TV

篠原涼子演じる女刑事の役はなんとなく松雪泰子っぽいキャラで、加藤雅也は阿部寛をなんとなく思い出してしまう。てっきり一話完結かと思っていたら違ったので続いて見れるか心配だ。阿部サダヲはおふざけキャラではないようだが、時々笑いそうになってしま…

「里見八犬伝」

TV

新春特番の「里見八犬伝」を見る。この話は滝沢馬琴の原作で、脚本が大森美香なので興味があったのだが、今回は脚本面では特に感想はなかった。 呪いをかけられた里見の姫が自分の命と引き換えに平和を願い8人の犬士に託す。それぞれ文字の書かれた玉を持つ…

「古畑任三郎ファイナル」

TV

三夜連続で古畑のスペシャル。初日はゲストが藤原竜也と石坂浩二。藤原君は山を売却してレジャーランドを作ろうとしている兄に反対して殺してしまう軟派な次男の役。石坂は彼の元担任で今も付き合いがある。最後は藤原君扮する音弥が思いがけず可哀そうなこ…

「大河ドラマ 義経」

TV

「義経」の総集編を見た。タッキーは着物姿も美しく、衣装の色合いも綺麗で見ていて楽しい。この時代は武家でもどこか雅やかな宮廷風なところが残っており、華やかで綺麗だ。 壇ノ浦に次々と飛び込む女性達も圧巻。知盛のセリフも久々に古典を思い出す。 途…

「不機嫌なジーン」 

TV

大森美香の脚本に惹かれ、先日再放送した際に録画して全部見た。 竹内結子は屈託のない、本当に嬉しそうな笑顔が魅力的だ。 ジーンと教授はくっついたり離れたりして最終的にはくっついて終わりと思っていたが、意外な方向で終わってしまった。まあ、まだ望…

「野ブタ。をプロデュース」

TV

先週見たとき山Pがやたらとい「池袋」のキングみたいなしゃべり方でびっくりしたが、ネットでも大いに話題になっていて驚く。そしてIWGPのDVDがやたらとみんな貸し出し中になっているらしく笑えた。やはり今週見ても彼のしゃべり方はいまいち不自然な感じが…

「さぶ」

TV

幼馴染のさぶと栄二、ふたりは一緒に仕事をしている。ある日栄二は盗みの罪を着せられて石川島に流される。誰かに陥れられたと怒り恨み自暴自棄になる彼の元に頻繁に訪れてはかいがいしく世話を焼くさぶ。とうとう釈放されて結婚しようと思っていた女の元に…

「七子と七生」

TV

瀬尾まいこの「卵の緒」が原作となっているので興味を持った。 七子の父の葬儀にやってきた愛人とその息子。彼らの存在を知って母子は深いショックを受けるが、何年かのち、その愛人の子を引き取ると母が言い出す。その子の母親は人を刺して留置されてしまっ…

「何がなんでも首ったけ」 ロジェ・バディム監督

TV

モデルの女の子ブリジット・バルドーが振られた男性に未練があり、なんとか自分に振り向かせ嫉妬させようとカフェでナンパされた外科医の男性と計画を練って・・・バルドーの足が綺麗でびっくり。 そして彼女の「お酒もミルクティも飲まない、太るから」とい…

「カクト」伊勢谷友介監督・主演

TV

ほんのりと是枝風味のする作品だった。ちびノリダーがほっとさせる存在だった。大学生のちょっと暗黒な日常という感じだったが、最後はあちこちでほんのりと希望の持てる終わり方でよかった。伊勢谷友介が伊勢谷友介だった。

「仮面学園」 藤原竜也

TV

いじめられっ子がある日仮面をつけて登校した。はじめはみんな笑っていたが、いつしか仮面をつける学生が増え続け、殺人事件までが起こる。うとうとしながら見ていたので、一部話が分からないところがある。 でも藤原竜也は髪がもう少し長い方がいい。

「ハンドク」 長瀬智也主演

TV

大石静の脚本だが、なんとなくクドカンちっくなお話とネタだ。 バカイチこと長瀬はこういう熱血漢でおばかな役がやはり当たり役なのだろうか。 佐々木蔵之介とのコンビがとてもおもしろい。彼がこんなに面白い役がはまるとは・・・ ち〜いさなスモーキング小…